愛知県芸術大学卒業・修了制作展

d0026121_22354731.jpg愛知県芸術大学卒業・修了制作展。ごく最近まで描いていたと思われる油絵具の香り。学生時代を思い出した。学生数が少ないのか、ゆったりとした展示、しかし200号以上ある大きな作品が殆どで堂々とした力強さを感じた。古着でできた乗り物や白雲土でできた音の出る作品を長女は楽しそうに鑑賞。実際に手に取って絵本を読むこともでき、小さい子どもをも魅了する作品が多くて面白かった。愛知県美術館ギャラリーにて4日まで。
10階入口にある三沢厚彦氏のライオン彫刻の大きさに、長女はびびって泣いた。樟の丸太を削って生まれたという実物大のライオンの温かみのある表情やノミの跡が見える重量感に感動。


by lyra_nanana | 2012-03-01 00:44 | アートネタ
<< 3才4ヶ月、ひらがな練習中。 指編みシュシュ。 >>