魔術/美術 幻視の技術と内なる異界

d0026121_12132142.jpg開館20周年記念 愛知・岐阜・三重 三県立美術館協同企画。美術作品における魔術的要素を紹介する展覧会。人の心を惑わす不思議さは大抵の美術に見られ、大体の美術が魔術やろうけど、その中でも、次女が「怖い」と泣くほどの魔法的な雰囲気。大人の常識を共有しない子どもの存在は異世界からの使者のよう。というようなことが書かれていたのに物凄く納得。「ベサメムーチョ」が次女に見えて笑た。
愛知県美術館にて6月24日まで。


by lyra_nanana | 2012-05-30 11:40 | アートネタ
<< ある一日。 金環日食。 >>