あいちトリエンナーレ納屋橋エリア。

d0026121_19225616.jpgd0026121_1923471.jpgd0026121_19231395.jpg

ビルからボウリングのレーンが飛び出してきた。会場がボウリング場であったことの記憶を呼び戻すインスタレーション。大きかったり、動いたりする作品に興味をもつ次女は(多分大体のこどもはそうなんやろうけど)納屋橋会場で長時間、堪能した。(ので、長者町エリアにも行きたかったのに、幼稚園のお迎えの時間に間に合わんくて諦めた。会場から他の会場への移動はベロタクシー(チケット提示で無料)が便利です。
次女が一番良かったと言っていたのは「あわあわ!」。名和晃平氏の作品。雲のような、壮大な雪山のような、生まれては消える泡の風景。ぷちぷちと弾ける音やほんのりと甘い香りも含めて綺麗やった。
次女が熱心に見入っていたのは、どの会場にも居る「スーパーバーバラ」。親として、子どもに、バーバラを見せるのは如何なものかと、だって、あのアニメ、主人公がダッチワイフやん、可愛らしく軽快に描かれているけど、満たされない感が現実的で残酷で、悲壮感いっぱいになってしまう。歌声をも習得してしまって、トリエンナーレにどれだけ付き合わせていたかを思い知らされた。あいちトリエンナーレは27日まで。

d0026121_19233865.jpgおまけ。ナナちゃん。納屋橋会場への最寄駅は伏見駅やけど、会場から名駅が見えたので帰りに歩いてみたら徒歩10分くらいやった。ナナちゃんの横に書いてある「名古屋まつり」は今月19、20日に開催らしいです。


[PR]
by lyra_nanana | 2013-10-03 19:22 | アートネタ
<< 醒井養鱒場。 「ドキドキトートキャンペーン」当選。 >>